株式会社大和鉄工所

Support

焙煎機設置の⼤切なポイント

アイコン 焙煎機及び付属設備のレイアウト

味づくり・焙煎作業・アフターメンテナンスを考慮して焙煎機のタイプごとに適した焙煎室を提案いたします。
その上で重要となるのが排気筒の配置です。
排気効率の良いルート、外部に排気筒を出す方向など店舗設計の段階で計画が必要です。

イメージ

アイコン 焙煎機の搬入

焙煎機の運搬 ・搬入経路・荷卸し場所・使用するクレーン・仮設材の手配・作業員の人数などを計画します。
特に搬入に必要な間口の大きさについては店舗設計の段階で計画が必要です。
製品ごとの設計仕様をご確認ください。

納品後のアフターサービス

アイコン 1年点検

納品後、1年経過で簡易的な点検を実施します。
この際に、使⽤状況に応じたメンテナンス⽅法を提案いたします。

アイコン 分解整備

焙煎量に応じた頻度で分解整備を提案いたします。
通常、分解整備は5年に1回の頻度での実施を推奨しており、基本料⾦は⼀律となっております。
(現時点で、沖縄、北海道、離島を除く)
なお3年に1回、分解整備の基本料⾦を改定します。

アイコン 部品交換

分解整備時に、焙煎量に応じた部品交換を提案いたします。

アイコン メンテナンス講習会

焙煎機のランニングコストを低減させるためにメンテナンス講習を、バッハコーヒーのトレーニングセンターで実施しています。
講習会の予定は、当ホームページのお知らせまたはリンク先の株式会社バッハコーヒーをご確認ください。

技術資料

ページの一番上へ