株式会社大和鉄工所

Support

焙煎機設置の⼤切なポイント

アイコン 焙煎機及び付属設備のレイアウト

味づくり・焙煎作業・メンテナンスを考慮して焙煎機のタイプごとに適したレイアウトを提案いたします。
その上で重要となるのが排気筒の設置方法です。(PDFファイルの配置図を参考として下さい)
排気効率の良い配管ルート、排気筒を出す方向など店舗設計の段階で焙煎機の性能を生かす計画が必要です。
店舗設計を依頼された建築士の方と直接情報交換をし、最適な焙煎室、店舗になるようサポートいたします。

イメージ

アイコン 焙煎機の搬入

焙煎機の運搬 ・搬入経路・荷卸し場所・クレーン作業・仮設材の手配・作業員の人数などを計画します。
特に搬入に必要な間口の大きさ、搬入ルートの段差については店舗設計の段階で打ち合わせが必要です。
各機種、製品ごとの設計仕様やPDFファイルの配置図などから必要な寸法、重量を確認してください。
搬入時には「操作手順説明書」「メンテナンス説明書」などを納品図書として納め、現地説明を行います。
納品された焙煎機(機器)は「納品者リスト」に明記され、製造番号の順に永続的にリスト管理されます。

納品後のアフターサービス

アイコン 1年点検

納品後、1年以上経過した機種は簡易的な定期点検を実施します。(原則無料 ※ )
現状を確認して、使⽤状況に応じたメンテナンス⽅法や整備の要領を提案いたします。
店舗別に「メンテナンス計画表」を作成し、長期的な視野で維持管理のサポートを行います。

アイコン 分解整備

メンテナンス計画表に基づき、使用頻度に応じた分解整備を提案いたします。(整備は現場で行います)
通常、初回の分解整備は納品後5年以内の実施を推奨しており、基本料⾦は全国⼀律で実施しています。
( ※ 現時点で、沖縄、北海道、離島は除きます)
初回の分解整備以降については、店舗の焙煎量や稼働状況を考慮した整備サイクルを提案いたします。
なお3年に1回、物価などを考慮し分解整備の基本料⾦を見直します。(緊急の場合は随時対応します)

アイコン 部品交換

分解整備の際に、使用頻度に応じた部品交換をします。(部品によっては寿命にバラ付きがあります)
重要な交換部品は、送風機、釜の駆動モータ、攪拌モータ、シーケンサー用バッテリー等になります。
交換が必要になる部品は、予め「メンテナンス計画表」に明記してあるので計画的な準備が行えます。

アイコン メンテナンス講習会

維持管理の技術向上を目的にメンテナンス講習をバッハコーヒーのトレーニングセンターで実施しています。
講習会の予定は、当ホームページのお知らせまたはリンク先の株式会社バッハコーヒーをご確認ください。

ページの一番上へ